掃除と私
a0201116_96178.jpg

リビングのラグは毛足が長く、少し汗ばんだ足の裏に毛がまとわりつく季節になったので
和室に敷いていたラグをリビングに移動させました。


↓愛用中の低反発ラグ
■低反発丸ラグ 200×200■





a0201116_994526.jpg

春はあっという間に過ぎていって、もうすでに暑い南国でも、
このラグならサラっとしていてお昼寝もできます★






*****


先日、「お掃除はどんな感じでされていますか?キレイを保つコツは?」
というご質問をいただきました。




掃除…。




掃除は毎日やっていません!(威張るな)




a0201116_16414193.jpg

ご質問の中には
「3人もお子さんがおられるけど、いつもピカーっとしているので、何かコツがあるのかな?」
と嬉しいお言葉があったのですが、
実際はピカーっとしていません(笑

床は傷だらけ、至るところにヨダレの跡、砂のようなざらつき、
そして乾燥したお米…、そこらじゅうに転がっています。
乾燥したお米を、1歳の次男が拾って食べているのを目撃したこともあります。
でも画像では伝わっていないので
ピカーっとしているように見えているのだと思います。(ある意味詐欺です)




子育てしながら働いていたときは、家にいる時間は寝る時間だけ…
という日が多かったため、掃除するのは週末ぐらい。
そんなときの名残があってか、掃除しなきゃ!という観念はあまりなく、
専業主婦となった今でも、ゆるーい掃除で完結しています。
そして、たとえ掃除したとしても、
細かいところまで掃除できない性格。
もちろん、年末の大掃除もテキトー。


そんな私の掃除事情を教えてほしいということで、
決してほめられる内容ではないですが、ちょっと紹介します!






多少の汚れなら気にならない私のお掃除革命はコレでした。
a0201116_9123128.jpg

マキタさん。

↓使っているのはこのスペックのもの
■マキタ コードレス クリーナー CL142FDRFW■



コードレスクリーナーは、普通の掃除機と比較すると、
やはり吸引力はそれなりですが、
掃除嫌いな性格は、この手軽さには代えられません。

掃除の質は落ちるかもしれないけど、
掃除をしないよりはマシ…と思って、手軽に掃除できるマキタさんに頼りっぱなしです。





a0201116_15575033.jpg

なんたって、コンセントの抜き差しせずに2階までスイスイ。


我が家は子供たちがまだ小さいため、
細かいゴミを頻繁に落としてくれます。
一日に一度しっかりと掃除機をかけるより、ゴミが落ちた都度、
コードレスクリーナーで吸い取っていく方がストレスが溜まりません。

そんなお手軽なマキタさんなので、
掃除嫌いな私でも、1階だけは、ほぼ毎日掃除機をかけています。
ちなみに2階は3日に1回くらいですが、
埃が気にならない私の感覚からすると、これで十分だと思っています。







a0201116_15592496.jpg

そして、少しでも掃除しやすくするために、
重いものにはキャスターを付けるようにしています。

重たい鉢も、端材を使ってキャスター付き鉢乗せ台を作りました。
一度掃除機にスイッチを入れたら、立ち止まりたくない性分です。





a0201116_1622648.jpg

手軽に掃除できて、スッキリ見えるように
洗面台もフローティングタイプにしました。



a0201116_163765.jpg

同じくシューズボックスもフローティング。

なんとなくですが、家具が宙を浮いていると
掃除が行き届いているような感覚になります。





a0201116_164463.jpg

そして、なんか埃が目立ってきたけど、時間がない、
でも埃だけでも除去しておきたい!ってときは
お手伝いさん登場です。

1歳の彼だけだと、さすがに心もとないので
3人を動員してお掃除頑張ってもらいます!


7歳長女→クイックルワイパーのウェットタイプ
4歳長男→クイックルワイパーのドライタイプ
1歳次男→クイックルワイパーのドライタイプ

長男と次男にドライタイプで大まかに埃をとってもらって、
長女がウェットタイプでふきあげていきます。
長女が2歳の頃から手伝ってもらっていますが、
年々、仕上がりの具合は上達していっています。
大まかな埃はとれるし、床はサラッとなるのでこれで十分。








まとめると…
 ●掃除の頻度は
  →1階はほぼ毎日、2階は3日に一度くらい
 ●使用する掃除道具は
  →基本はマキタだけど、時々、気の向いたときに
  クイックルワイパーウェットタイプで簡単拭き掃除
 ●忙しいときは(あまりないけど)
  →お掃除隊登場

よく、主婦雑誌などで掃除も日々のルーチンワークとして組み込む、
という特集とかあるけど、私は逆を行ってしまっています。
仕事ならまだしも、家事をルーチン化すると窮屈すぎて
逆にやる気が失せてしまう性格なので
「気が向いたときに、できる範囲でやる」を目標にしています。

時間がないときは掃除も潔くあきらめます。
自分や子供の体調の悪いときは、
この簡単な掃除も、さらに簡単にして時間をかけません。
でも、時間のあるときはきもち丁寧に掃除して、
トータルで50%の出来を目指しています。




掃除は、人によってゴールが全く違います。
綺麗好きの人、そうでない人、共働きの家庭、乳幼児がいる等々の条件で
掃除にかけられる時間も掃除に対するハードルも千差万別。

私はもともと多少の汚れは気にならないタイプだし、
家族全員がアレルギーなどなく、肌も強いということもあって、
「掃除しなきゃ!」という思いが弱い方だと思っています。
でも、少しはキレイにしておきたいなーという気持ちもあるので、
掃除に対するハードルを少しでも下げるために、
コードレスクリーナーを使ったり、
足元スッキリの家具を選んだり、
キャスターを付けて動かしやすくしたり、
「苦手な掃除をいかに楽にするか」
ということばかり考えているかもしれません(*`ー´)



掃除に対するモチベーションの低い我が家だけど、
こうして「3人もお子さんがおられるけど、いつもピカーとしている」と
言ってくださる方がいらっしゃるので、
パッと見はキレイを保てているのかもしれません。
私にとっては、パッと見キレイで十分です。
私の家事能力からすると上出来なはず。



そんな私とは対照的に、
3人子供がいるのに、遠目で見ても、間近で見ても、
埃一つ落とさずに完璧な掃除が行き届いている家があるのを知っています。

それは私の実姉の家↓
a0201116_1749353.jpg

今のところ、実姉の家以上に
子供がいながらキレイを保てている家を見たことがありません。
ブログ上の画像ではキレイに見えるけど、実際はベタベタ床な我が家とは違って
いつでもモデルハウス並みのクオリティです。
そんな姉は掃除が趣味なので、
掃除嫌いな私が同じ土俵に立つなんて到底できません。
主婦だったら、質の高い家事を目指したいところだけど
自分のキャパシティをきちんと把握して、
無理なく、ストレスは最小限におさえて続けられることが
精神衛生上にもいいのでは…と言い訳がましく思っています(。-∀-)



こんな感じで何のお手本にも参考にもならない我が家のお掃除事情ですが、
自分の中での目標をクリアしているのでヨシとしています。
るみさん、こんな内容ですみません



よろしければ、読んだ印に応援クリックお願いします!
にほんブログ村 インテリアブログ ナチュラルモダンインテリアへ
いつもありがとうございますm(_ _ )m





a0201116_17404382.jpg

お手伝いはありがたいけど、
ラグの上はしなくてもいいということを早く憶えてほしいです。
[PR]
by iebiyori | 2013-05-22 17:50 | 家事のこと
<< 1歳児の食卓 7歳! >>



■author:mk■インテリア、収納、時々家族のこと。収納・片づけについてまとめた書籍「片づけ日和」発売中。
by iebiyori
カテゴリ
整理収納のこと
家のこと
家事のこと
食べること
暮らしのこと
家族のこと
道具・雑貨のこと
ブログ活動
WORK
検索
その他のジャンル
ブログジャンル